Y-xiz // 縦軸の両端に悪魔と神

Y-xiz はボーカリストのyeskとギタリストのYou.からなるスタイリッシュなハード ロック バンドで、神話、レトロな映画、演劇にインスピレーションを受け、ハードロックに根ざしたサウンドを特徴としています。彼ら自身の説明がすでに示唆しているように。

2人は2023年2月にファーストシングル「Guilty」をリリースし、同日にセカンドシングル「RING」をリリースした。 これを書いている時点で、彼らは合計8枚のシングルをリリースしており、彼らの音楽が1つのスタイルやテーマだけに限定されていないことを誇示しています。私の理解では、Y-xizはまだ比較的知られていないと思います。なぜなら、このインタビューを行っている間にメンバー自身でさえ私にそう言ったからです。

さらに表示 Y-xiz // 縦軸の両端に悪魔と神

KAMIJO // 「私の美学は、それを秘密にして努力することです。」

ボンジュール! (この開口部の使用はほぼ完了すると約束します…)
KAMIJOの来月(この記事の執筆時点で)開催されるヨーロッパツアー「The Anthem」についてはもうご存知かと思いますが、まだご存じでない方のために念のため… すべての情報を 1 か所にまとめられるように、すべてのツアー日程とチケット オプションの詳細を記載した投稿を以前にここに作成しました。

今回のツアーは、インタビューを依頼する良い理由だと思いませんか? KAMIJOのソロ作品については、「マスクの裏側」シリーズ(このインタビューとともに第

さらに表示 KAMIJO // 「私の美学は、それを秘密にして努力することです。」

FORBIDDEN // 「私たちにとって「FORBIDDEN」は目指す未来の名前です。」

FORBIDDENは、brodiaea、Lilith、Affective Synergy、SCREW、KHRYST+などのプロジェクトやソロ活動でおなじみの、ギタリストの凛とボーカリストの鋲による最新の音楽プロジェクトです。
FORBIDDEN は2023年12月に正式に発足したため、まだ比較的新しいバンドですが、コンセプトはすでに非常にしっかりしています。 彼らに FORBIDDENについてもう少し教えてもらうのには十分すぎる理由です。

さらに表示 FORBIDDEN // 「私たちにとって「FORBIDDEN」は目指す未来の名前です。」

MIRAI // 「音楽は国境を越える。」

最後にAngels’ Temptationを取り上げてからしばらく時間が経ちましたが、だからといってメンバーがただ座って何もしていないというわけではありません。 前回彼らをフィーチャーしたときは、残念なことにメンバーがグループを脱退するという悲しいニュースがあり、それ以来、残ったメンバーからの新しい音楽という点では少し静かになっていました。

MIRAIによると、彼らは間違いなくいくつかの新曲に取り組んでいるとのことですが、彼らは自分たちに最高の基準を課しているため、新しい音楽を聞くにはもう少し待たなければなりません。幸いなことに、ベーシストの

さらに表示 MIRAI // 「音楽は国境を越える。」

竜神 //(2/2)「サムライメタルを世界中に紹介したい!」

先週、すでに篠本竜司へのインタビューの前編を公開しました。そこでは、GYZE から竜神への変更の背後にある理由、そして竜司の音楽の歴史と日本のメタルミュージシャンとしての彼の国際的野望について話しました。

竜司は私たちが投げかけたすべてのトピックについて非常にオープンだったので、当然のことながら、私たちは膨大な量の題材を扱うことができました。 それらすべてを 1 つの記事に含めると膨大な量の読み物になるため、彼と彼のバンドに不公平な扱いをするのではないかと心配したため、このインタビューを 2 つの部分に分割することにしました。

さらに表示 竜神 //(2/2)「サムライメタルを世界中に紹介したい!」

竜神 //(1/2)「これもまた運命だと思い竜神になった。」

今日は、私たちがかなり長い間取り組んできた素晴らしい贈物を皆さんにご用意しました。 おそらく竜神 についてすでに聞いたことがあるかもしれませんが、まだ知らない方のために、(非常に簡単な) 概要をここに示します。
竜神は、Ryoji としても知られる篠本竜司の最新の音楽的化身です。 元々は2009年にSuicide Heavenとしてスタートしたが、2011年にグループ名をGYZEに変更した。彼らは2023年に名前を竜神に変更するまで、日本のサムライメタルのコンセプトで国際的なメタルシーンで名を轟かせ続けた。

バンドのラインナップは現在、ボーカルとギターの篠本竜司、ドラムの弟のShuji、ベースのAruta

さらに表示 竜神 //(1/2)「これもまた運命だと思い竜神になった。」

Pluto // 「心の痛みや、他の人と共有するのが怖い感情を表現できればと思っています。」

前回のインタビューからかなり時間が経ちましたが、今回は少し違う内容で 2024 年のスタートを切りたいと思います。 このインタビューでは、ボーカリストの蒼月 (つずき) とギタリストの螢 (けい) に、彼らのバンド Pluto についていくつか質問しました。これは、私が個人的に彼らが存在する「短い」期間のほとんどを追いかけてきたプロジェクトです。

Plutoは2022 年の中頃から後半にかけて結成され、その直後にファースト シングル「KILL ME SLOW」がリリースされました。
「KILL ME SLOW」は間違いなく彼らの代表曲ですが、これが彼らのこれまでの唯一のリリースではないことは明らかです。(私は狂っているかもしれない、でも私はそこまで狂っていない…ですね?)

さらに表示 Pluto // 「心の痛みや、他の人と共有するのが怖い感情を表現できればと思っています。」

JILUKA // // 「フェイカーが多すぎる、誰がG.O.A.Tか見せてあげる」

現代のヴィジュアル系シーンに詳しい方なら「JILUKA」という名前を一度は目にしたことがあると思います。 または、Senaさんまたは彼の YouTube チャンネルの写真やビデオを見たことがあるかもしれません。すなわち、皆さんはこのグループの少なくとも何かに触れたことがあるでしょうということです。それは、彼らの曲の 1 つ、外見、ソーシャル メディアかもしれません。

JILUKAはもともと2013年に結成されましたが、活動の一時停止により、ドラマーのZyeanがグループに参加し、シングル「Screamer」がリリースされた2015年まで、バンドは実際に「開始」されませんでした。それ以来、このグループはリリースとライブ

さらに表示 JILUKA // // 「フェイカーが多すぎる、誰がG.O.A.Tか見せてあげる」

Rides In ReVellion // 革命の波に乗れ

Rides In ReVellionは、2015年にすでに私たちファンと音楽を共有し始めているため、ヴィジュアル系シーンではまったく新しい名前ではありません。その後、少しラインナップが変わりましたが、現在はヴォーカルの黎 、ギタリストのタジとツバキ、ベーシストの渚の4人組バンドです。

このグループは現在、Rides In ReVellion として 8 年目を迎えており、今年は国際的な Twitter アカウントでのビデオ メッセージから始まりました。このビデオで、彼らはこのアカウントをさらに使用して、ファンに英語で情報を提供したいと発表しました。

さらに表示 Rides In ReVellion // 革命の波に乗れ

3470.mon // 「ヴィジュアル系は逆だよねって思って俺はヴィジュアル系を始めた」

本記事は通常とは異なった形で行なわれていますので、本題に入る前に少しその内容を紹介させていただきます。以下のインタビューはアルルカン・マガジンではなく2021年8月下旬にオザキケイト氏によって行なわれました。

オザキケイト氏は日本の東京に拠点を置くライターです。彼はミュージシャンや彼らのショーについて多くの記事を書いており、またかなりの数のインタビューも行なっています。

彼の許可を得て、今日、私たちは彼のオリジナル・インタビューである日本語版とその英語版をアルルカン・マガジンで共有しています。おそらく皆様がご存じの通り、このインタビューで特集するアーティストは

さらに表示 3470.mon // 「ヴィジュアル系は逆だよねって思って俺はヴィジュアル系を始めた」